【火がつかない!】BBQで一苦労!市販品で簡単に火起こしする方法とは?



BBQに初めて行った人の多くが、面食らってしまうことが多いのが『火起こし』です。
BBQの火起こしは、男性が頼まれやすいですが、火起こしに慣れていない人にとっては、かなり難しい技術に感じられます。
ee91e468b3d1239c22439a5c90709e7c_s
古い炭がおススメ!

しかし、火かつかないと、食事を用意できないので、BBQの場合は、火起こしの担当者にかなりのプレッシャーがかかります!
この火起こしのプレッシャーをどうやって解消したら良いのか、おススメの方法をご紹介します!
まず、BBQの火起こしでは、『新品の炭』よりも『数回使い古した炭』がある方がベストです!
新品の炭は、火がなかなかつかないで、火種がともるまでに相当な時間がかかります。
一方、使い古した炭は、簡単に火種がつきやすいため、炭の種類によって、火起こしの難易度が全く違ってきます。

用意するならガスバーナーがベスト!

また、市販品であれば、是非用意をしたいのがガスバーナーです。
ガスバーナーは食材の表面を軽くあぶったりすることも出来て、調理でも活躍します!
そのガスバーナーを使って、炭の一点を根気よく焼き続けると、素人でも比較的簡単に火種を作ることができます。
マッチや着火剤を使っても、新品の炭の場合、そう簡単には、火種がつかないケースが多いので、そういう時には、新聞新とガスバーナーを用意してみることをおススメします。
新品の炭はすぐに火が来てしまいますので、新聞紙など火が持続しやすいものを沢山用意しておく方が、やはり火おこしの時には便利になります。






  • まだデータがありません。